紫外線は蓄積で大人になったときに肌に表れてくる

最近、肌のお手入れに力を入れている女性が多くなってきました。
ひと昔前までは、日焼けでまっくろの子供がたくさんいました。

現在では、赤ちゃんでも使用できる日焼け止めなども売られており
「紫外線は肌に良くない」という認識が多くなってきています。
紫外線は1年中、地球に降り注いでいます。

もちろん、冬など少ない時期もありますが紫外線が当たらないときはありません。
この紫外線は、浴びたとしてもすぐにシミになったりはしませんが
小さい時からの蓄積で大人になったときに肌に表れてくるのです。

紫外線による肌への影響

人間の肌は、表皮・真皮・皮下組織という3層から成り立っています。
表皮は非常に薄いのですが、外部刺激から肌の中身を守る役割をしており
真皮は、水分を溜め込み弾力を保つ役割があります。
紫外線にはA波とB波がありますが、それぞれ違いがきちんとあります。
A波は、真皮まで到達する紫外線でハリや弾力を破壊することでシワやたるみの原因となります。
B波は表皮に影響を及ぼす紫外線で、日焼けをして黒くなったりシミの原因になります。

季節で紫外線の量が変わる?

紫外線が1年中、A波とB波がどちらも一定の量で降り注いでいるということはありません。
実は季節によって変わっています。
一般的に夏は紫外線が多く、冬は少ないという認識が多いと思いますが
うっかり見落としがちなのが春です。
5月くらいから、紫外線の量がぐっと増えてきて真皮に影響するA波が強いのが特徴です。
春にあまり日焼けして黒くなることがないので、わかりづらいのですが
知らないうちに肌の内側がダメージを受けているのです。
夏は表皮に影響するB波が強いので、日焼けをしたりしてしまうのです。

紫外線への対策

紫外線を防ぐためには日焼け止めを使用するのが一番です。
できれば1年中使用するのが好ましいです。

最初に説明した通り、紫外線は1年中天気が良い日も雨の日でも降り注いでいます。
少し紫外線を浴びても影響はないですが、日々の積み重ねが美肌への近道です。
今、いろんな種類の日焼け止めがありますが選び方としてまず確認したいのがSPFとPAです。
SPFはB波を防ぐ指標で、PAはA波を防ぐ指標です。
SPFは10~50,PAは+~+++という段階になっており、単純に数字が大きいほど長時間強い紫外線を
防ぐ力があります。
日常生活で使用するなら、SPF10~30 PA+程度で大丈夫ですが、海や長時間外で活動する場合は
SPF50 PA+++が望ましいです。日常生活でSPF50は必要ないので、シーンによって使い分けをしましょう。

最後に

何度も言いますが、紫外線のダメージは少しづつ貯金のように積立されて大人になって初めて肌に影響が出てきます。

もし、今紫外線対策をされていないのであればすぐに始めることをおすすめします。
紫外線からどれだけ肌を守るかで長く美肌を維持することができます。
日焼け止めを塗るときは、顔はもちろん首や手の甲なども忘れずに塗るようにしましょう。