若々しく生活をするためには適度な筋肉量を維持する

筋肉は脳と同じように使わなければ衰えて、最終的には細くなっていくものです。

鍛えるためには動かすことが重要ですが、間違った動かし方をするとケガをしてしまいます。

トレーニングをして筋肉を鍛える時にボディービルの情報などを参考にすると一つ一つの筋肉を鍛えることができます。しかし美容や健康のためには全体的な筋力アップが大切なので、一つの種目で短時間にたくさんの筋肉を動かせる運動が効果的です。
若々しい姿勢を保つために大切なのは下半身と背筋、腹筋を鍛えることです。

これらの筋肉を一度に鍛えるためには、プランクという体幹トレーニングが効果的です。

このトレーニングでは腹筋をメインに鍛えられますが、実際には腕や背筋なども使っているので、全身の体幹を鍛えることができます。

スクワットは下半身と背筋を鍛えることができるトレーニングで、太ももを鍛えることで膝の負担を減らすことができます。
年をとると筋力が低下して膝関節痛などに悩まされることが多くなりますが、太ももを鍛えることで体重による負荷が分散するので、関節痛を改善することができます。

姿勢が悪いと老けて見られやすくなるので、スクワットをして太ももや腰の筋肉を鍛えて上半身をまっすぐ支えられるようになることが大切です。

女性の場合は筋肉を太くしたくないという理由からトレーニングに消極的になることもありますが、トレーニングの間隔を1週間くらいにすることで細くしなやかな筋肉を増やすことができます。

ウォーキングは簡単にできる有酸素運動ですが、坂道や階段などを途中にいれるだけで足腰のトレーニングをすることができます。

下半身を鍛えると活動量が増えるので、全身の若返り効果も期待できます。

体は動かさないと筋肉量が低下するので体温も低下してしまいます。体温が低下すると血流が悪くなるので冷え性になりやすくなって、頭痛や肩こりなどの症状が出やすくなります。

いつまでも若々しく生活をするためには適度な筋肉量を維持することは非常に重要です。